TAKESHI NAKAJIMA

Hand dyed textile

PRODUCTS

commonbridgeロゴ画像白.png
itロゴ3白.png

What I Believe

 

私たちの周りにあるすべての物には、そこにまでたどり着く”過程”があります。しかし、最近はその”過程”が必要以上に簡潔化・省略化されている気がします。人の手で作るという事は想いを込めるという事で、そこにはその時に流れた時間や空間が刻まれます。小さなドットも、細い線もすべて一つ一つ手で色を挿し、描いていき、そこには機械では表現できない微妙なこだわりが込められています。更にその時の気候や温度、湿度など自然が作る絶妙なにじみやゆらぎが加わることで一層存在感が深まり、使用するほどなじみ愛着がわきます。 ”モノ”だけを手にいれるのではなく、それ自体が持つストーリーも共有し、その後も自分で育てていく。それってなんだかワクワクしませんか? 私はそういうところに本質的なものの良さを感じています。  

Everything around us has a process to achieve a goal. However, these days, people don’t care about that when they buy a product. Making something by hands is not only creating products but also putting some story into products such as  time, weather,atomsphere ,feeling and so on. I dye all tiny dots and very thin lines by hand because it is only way to express the delicate beauty and furhermore, a wheather, temperture, humidity add something natural effect to the dyeing cloth and make it more beautiful and never be the same.  The story is the key of a good product because you can continue and make a next story by yourself.

What I Do

”引き染め”や刷毛染めを主にした染色を行なっております。これらの染色技法は昔から日本にある染め技法の一つで、生地の両端を木で挟み、生地を引っ張りながら広げ、刷毛を使って色を染めていきます。気象条件や気温や湿度、布の高低差によっても仕上がりに影響の出る、手間のかかる染め方です。その後は生地を蒸して色を止め、余分な染料を洗い流した後もう一度生地を乾かし整えて完成です。

 

HIKIZOME is the one of traditional dyeing technique of Japan. Put cloth between woods and stretch it by ropes and dye with a brush. needed to be careful of a wheather, temperture, humidity and a difference in height to make good colors. After that, it needs to steam up to fix colors, and wash off the extra dye.